ネットサービス

ITパスポート 受けてみたよ

投稿日:2017年11月22日 更新日:

ITパスポート とは??

ITパスポート(国家試験)がどのような物なのかは先日の記事をご覧ください。

no image
ITパスポート とは??

ITパスポート とは?? 情報処理技術者試験の一番下のレベルに位置されている、国家試験です。 どちらかと言うと、ITを利 ...

申し込み

先日の記事にも書きましたので、簡潔に書かせて頂きます。

詳細は上記記事をご覧ください。

予約は、以下のサイトより行います。

https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/html/application/applies.html

CBTという、パソコンを用いた試験を行っているため、開催場所・日時は多くなっています。

https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/html/examhall/examhall_info.html

↑試験がどこで行われているのか、知ることができます。↑

5700円で、クレジットまたはコンビニ支払い、バウチャー(企業が一括払いの時など)

が選択できます。但し、コンビニの場合、183円の手数料がかかるので注意が必要です。

受験

実際にどの様な所で行われているのか??と言うことですが、写真を撮っていません。。

僕が受けたところは、CBT形式の様々な試験を取り扱っているらしき所でした。

マイクロソフトの試験MOS等も同時に行われていました。

試験会場は、パソコンと仕切りがある所で、うるさい人用にヘッドホンを配布していました。

メモ用紙とペンは置いてありましたが、持ち帰り厳禁です。

テスト時間はパソコン上に残り時間が出てきます。が、自分が終わった段階で終了ボタンを押して

採点を見ることができます。その後挙手をして帰るという感じです。

テスト時間は2時間で、終わった段階で帰ることが可能です。

結果

合格、不合格と言った結果は見ることができないんですが、点数は終了後の画面で見ることができます。

このテストは、各単元300点(/1000) 全体600点(/1000)以上という合格点は固定ですので自分で確認できます。

また、2~3時間後にはメールが来ます。

ITパスポート 試験結果のメールが2~3時間後には届く。

利用者メニューにログインして確認出来ます。

こんな感じでわかります。

合格基準点は固定なので、実際に合格したかの発表が出る前に合否は分かります。

どんなテスト??

一番簡単な部類と言われていた試験で、勉強をしなかったところ、見事落ちました。。

ストラテジー、マネジメントを中心に暗記が多いんですね。。

本を一通り読んだだけでしたので。。

もう一回しっかり勉強して受けようと思います

最後までお読みいただきありがとうございました。

広告

 

広告



最新の記事

-ネットサービス

Translate »

Copyright© iroiroaruyo ブログ , 2019 All Rights Reserved.