10代が考えること・色々な業界の取材など!

いろいろあるよblog

取材

1人暮らしの高校生カメラマン! 壮大な夢と厳しい現実とは?【阪南フォト/井上桂雪さん】

2019年10月6日

新大阪で、「阪南フォト」として開業している

フリーカメラマンの「井上 桂雪」さん。(18歳・個人事業主)

 

2018年の7月に開業したばかりで、まだまだ新米のカメラマン。

高校を中退し、カメラの活動、そして一人暮らしまで始めました。

 

 

そんな井上さんに、カメラを始めた理由・これからのビジョンなどを伺いました!

(取材:2019年3月)

 

カメラマンになった訳とは??

実は子供の頃から、カメラが大好きという訳ではありませんでした。

 

小学2年生の誕生日にチェキを買ってもらったことがきっかけで、

色んな所を撮っていました。

 

チェキは、フィルムを使って撮る。

 

しかし、中学生のころは、野球部に所属。

いろ太郎
バリバリの運動部...

一見、カメラとはかけ離れているように思えますが??

 

それでは、なぜ本格的にカメラの仕事を始めようと思ったのでしょうか??

 

学校を中退!

もともと全日制の高校になっていた井上さん。
しかし、先生とトラブルになり退学することに。

 

そこで、2年の秋から通信制高校に通い始めました。

すると時間が余り、

趣味だったカメラの活動を広げていくことに。

 

バイトもカメラの撮影を選び、カメラ一本で生活していくと決断!

 

バイト先に近い方が便利だったので、引っ越しを決意しました。

 

一人暮らしで困っていること

 

新大阪駅から歩いて5分。

家賃4万円ほどのマンションを自宅兼事務所に。

 

いろ太郎
かなり好条件に思われますが...

 

飛行機がよく飛んでいるので、うるさい。

これまでは一軒家だったので、せまい。

 

いろ姉
どこまでで妥協するか、

難しいところです。(;^ω^)

 

普段使っているカメラを見せてもらった!

今使っているのは、NIKONのD750。
井上さんが初めて買った一眼レフで、普段はこれを使用しています。

なんと、レンズ込みで20万円を超えるんだとか。

いろ太郎
20万!?

 

見た目はかなり重そうですが、思ったよりは軽かったです。

(測ったところ・・・約1.9kg)

 

3か月、毎日7時間のアルバイトをして30万円を稼ぎ、

生活費を除いた半分を費やして買いました!

 

消えてしまった写真たち

今までたくさんの写真を撮ってきた井上さん。

 

パソコンにバックアップしていましたが、なんとそのパソコンが壊れてしまった!

なので、今までに撮ってきた写真がかなり消えてしまいました。

 

いろ太郎
色んな所にバックアップを取っておかねば!(;^ω^)

 

編集 > 撮影

撮影した後に、編集を行います。

趣味で撮った写真は、スマホのアプリだけで簡潔に済ませていますが、

依頼を受けたものは、パソコンを使い1枚30分かけて本格的に編集をしています。

 

いろ太郎
撮る時間より、編集する時間の方が長い!( ゚Д゚)

 

一枚一枚にこだわりが。

 

写真は、全てマニュアルモード。
自分が設定した数値で撮っています。

 

鉄道の写真など、色んな所を撮っては加工をして(青みを増したり)楽しんでいます。

 

写真を撮るときにコツとか考えてる??

コツは特に意識していません。

とりあえず撮ってみて経験を増やしているところです。

この設定だったら綺麗にとれる!という感覚をつかめるのが目標です。

 

本などで勉強しているんですか??

読んでいないです。

見て覚えるだけで、体では動かせないと思うので。

とりあえず手を動かして覚えています。

 

今日もバイトで...

バイト先でモデルの練習している人の写真撮影をしていました。

今日だけで600枚。

いろ太郎
一度にたくさん撮るんですね!!

 

バイト先の友人を撮影。

 

帰ってから、スマホで加工(明るさを調整)してSNSに載せています。

人の自然な表情を撮るのが難しいと、つくづく実感します。。

 

何が向いてるか、分かってきた!

様々な写真を撮ってきました…

いろ太郎
これまでの撮影回数は、1万を超えるのだとか。

 

 

依頼では、1つの場所で、300枚ほど。

海遊館や、飲食店のメニューを撮影したことも。

出張サービスや服の商品撮影も、挑戦中

依頼を受けたVALULU堺筋北浜店で撮影

 

 

 

これまでの経験が浅く、知識を広げていきたい!

 

自分の中では集合写真が向いてるという事も分かってきました。

 

将来的な「ゆめ」

カメラマンとしての活動を通して、

トランプの制作と、好きなアイドルグループ(乃木坂46・欅坂46・日向坂46)の撮影をしてみたいそう!

 

トランプ・「日本全国風景トランプ」

そんな井上さんが抱く、壮大な夢。

それは、「日本全国風景トランプ」

 

 

電車の中でトランプを作りたい! と思ったのがきっかけで、考えを膨らませていったそう。

 

沖縄から北海道まで、歩きと船だけで2年間移動し続け、

翌年、良いと思った場所をじっくり探索するというもの。

 

地域に特化したトランプはたくさんありますが、

日本全国の風景を使っているトランプは中々ない。

 

さらに成長の早い竹を素材にして、環境にも優しい物を作る予定だとか。

たくさんの人の力を借りたい!

チラシを印刷して、身近な人から配っていく。

親⇒祖母⇒・・

広まっていくといいな...

自分の力には限界があると思うから、
色んな人の力を借りて広めていきたいです!

 

クラウドファンディングでは失敗。。

クラウドファンディングを通して活動資金を得ようとしたものの

1円も集まりませんでした。。

 

某クラウドファンディングサイトで募集したものの、0円。

 

1日30人の閲覧はあったのに、資金を出そうと思ってくれた人はいない。。

 

壁に直面し、改善策を練っているところです。

 

 

高校生だから困ったこと・良かったことは??

クラウドソーシングのサービスなどを活用して、カメラマンの仕事をしようと考えていたが

サイトに年齢制限があり、登録できなかったことです。

 

いろ太郎
どうしても活動できる幅が狭まりますね!

 

高校生に始めて良かった!と思う事は、

今のところ見当たりません。

 

高校生で何か始めてみたい人へ...

 

どうしてもまだ未成年なので、法的にも出来ないことは有りますが

今のうちにチャレンジしてみても良いと思います。

 

なんやかんや有りましたが、夢に向かって追いかけられて

自分は結構楽しいです。

 

今、不安って有るの??

現在は、アルバイトを掛け持ちして生計を立てているのでお金が無い。。

 

お弁当は、毎日白米。

今の案件は0。

グッズもネット上で販売していますが、1つも売れていません

 

ライトの当て方や、カメラの設定が1つ違うだけで

写真の質が変わってくる。

上手くなるために、色んな写真を撮って修業中!

 

現在はアルバイトで何とか生計を立てられていますが、

 

将来的にはカメラマンとして生活できるレベルになり

古民家をリノベーションした複合フォトスタジオをオープンさせたい!

 

道のりは険しいですが、頑張っていくそうです。

 

井上が、”無料”で撮影します!

実は彼、以前まで1万円で販売していた撮影を基本無料にしている。

阪南フォトHPより引用

1枚あたり100円の写真データやプリント費に加えて、

遠いところの場合だと出張費がかかるだけ。

 

カメラマンに撮ってもらう事で、自分はリアルに没頭している間に

良い写真を撮ってくれるかもしれない。

 

参考「阪南フォト・撮影プラン

 

最後に

色んな過去が有ったと思われますが、

10代のうちに様々な覚悟と決意をしているのはスゴイです。

これから、さらにパワーアップしていく彼に期待です!

 

この夏、実生活とカメラマンの活動を密着取材しました!

開業から1年がたち、

高校生カメラマンとして一人暮らしをしている彼は、上手く生活できているのか!?

(動画・ブログにて近日公開予定)

 

参考:「未来のフリーカメラマン katsuyuki2018さんのTwitter

阪南フォトHP



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

いろいろあるよblog

兵庫県に住んでいる、高校生ブロガーです! 好きな事は、水泳とパソコン、自転車です。 関西のことを主に書いています。 取材も始めました!!

-取材
-

Copyright© いろいろあるよblog , 2019 All Rights Reserved.