取材

80年続く老舗和菓子屋。店の裏側にも潜入!【きねや・三田市本町商店街】

三田市・本町商店街の一角にある、「きねや」。

なんと、創業してから80年の老舗・和菓子屋さんです。

 

今回は、店主の生活と何故継いだのか・お菓子を作っている所(写真付き)、

シチュエーション別のオススメのお菓子を見ていきます。

 

店主の藤本さん。

 

 

三代目店主の藤本さん。家業の和菓子屋を継ぎ、現在で6年目です。

以前は、大工をしていたそうです。

好きな食べ物 お肉
好きなこと ゴルフ

野球・サッカーのスポーツ観戦

 

 

一日の活動内容

朝は、5時からお仕事。お菓子を作り始めます。

忙しいときは、もっと早くから始めるのだとか。

いろ太郎
5時!!まだ寝てます(;^ω^)

 

9時~19時までお店の営業です。

その間もお菓子を作り続け、
一日に延べ数千個ものお菓子を作るそうです。

お店は、母・妻と3人で切り盛りしているそう。

その間の補助と接客・洗い物は、他の2人に任せています。

 

そして、23時までには睡眠。

いろ太郎
明日に備えて、早く寝るんですね~!

 

店主に聞いてみタ

1.やっぱり和菓子が好きなの??

ー和菓子は、むしろ兄・弟の方が好きです。

自分は、どちらかというと甘いものより辛い物好きです。

 

では、なぜ 継いだの??

以前は、大工をしていたという藤本さん。

いろ太郎
力持ち~

店を営業していたおばさんがお亡くなりになった後、

三年ほど店を閉めていました。

 

その後、「誰かがやらないとあかん。」ということで、サラリーマンの兄に変わって

2年間・夜間の製菓学校に通ったあと継ぐことに。

 

お菓子を作っているところ

桃菓子を作っている所です。

1つ1つ手作業で作っています。

 

まず、生地を適量 取り、丸めます。

そして、木の道具で型を付けていきます。

この道具は、これ以外にもいろんな種類があるのだとか。

手で押し、花の形を付けていきます。

 

完成!

お店に並べる形が完成です!!

いろ太郎
机に載っているぶんで、数百個もあるそうです~!

ここでは、あんこ・生地から自家製なんだとか!!

いろ太郎
豆を炊いてあんこを作ってるそうです~

国産にこだわった原料。

三田米や北海道産の小豆を使用するなど
食材はほとんど国産です。

 

味がおいしくするのはもちろんのこと、

体に優しいお菓子を目指しているのだとか。

 

おすすめのお菓子を聞いてみタ

 

 

若者向けのおすすめは、フルーツ大福・チョコレート入り大福。(年中販売)

 

よく無くなりやすいというのは、かしわ餅と草餅。

 

 

手土産に最適な、豊臣秀吉に献上したとも言われる、

昔から続くお菓子は、「三万六千石」(焼き菓子)

 

なんとこの商品、

全国菓子博覧会で有功大賞をとったこともあるそうで。

1つ120円で、柚子あんと白あんから選べます。

 

試食してみた!

今回は、草餅を試食させて頂けることに。

いろ太郎
しょっぱい~ Σ(・□・;)

お菓子だから甘いだけかとおもったら、始めに感じたのはショッパさ。

後から甘さがきます。

いろ太郎
いい意味で、独特の味です。 ( ´∀` )

 

最後に

いろ太郎
まさか、人の手で1つ1つ作られているとは!
いろ姉
できるだけ体に優しくすることを考えて、作ってるのネ。

コンビニ・スーパーに加え、昔ながらの和菓子屋も選択肢に入れてみては。

 

お店info

 

 

きねや菓舗 〒669-1533

三田市三田町 17-18

営業時間 9:00~19:00
定休日 火曜日
電話番号 079-562-2233

 



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

いろいろあるよblog

兵庫県に住んでいる、高校生ブロガーです! 好きな事は、水泳とパソコン、自転車です。 関西のことを主に書いています。 取材も始めました!!

-取材
-, , ,

Copyright© いろいろあるよblog , 2019 All Rights Reserved.