10代が考えること・色々な業界の取材など!

いろいろあるよblog

ブログ関係

独創的な名刺を作ろうとして後悔! 失敗しないためのコツ

2019年5月23日

こんにちは。高校生ブロガーのヒシヤです。

 

初対面のときの相手の印象は、5秒で決まるというほど、

最初に渡す名刺には、重要な役割を担っています。

 

私自身、名刺は、取材する時に使うだろうと思い、2018年の5月に作成しました。

名刺を 有名 印刷業者のラクスルに。
名刺を 印刷業者 ラクスル で作りました。 値段・早さ・入稿... 気になるアレコレ 何時届く? 

今回、当サイトの名刺をラクスルに依頼しました。 これからラスクルで印刷を頼む OR. 印刷業者を選定中という方、参考にしてください。 何故 作ったの?? ブログで取材の許可を貰うため これに尽きます! ...

続きを見る

 

なんと、1日足らずで作成→そのまま印刷という、

後先を考えない作り方をしてしまったので、若干後悔しています。(;^ω^)

 

そこで今回は、私の失敗したことと、名刺作成で失敗しないコツをお伝えします。

 

私が作った名刺。

唯一無二の名刺にする!! と思い、

何も参考にせず作った名刺がこちら。

名刺の表

名刺の表。
URLが羅列されている。

 

名刺の裏。
電話番号は後から書き足したもの。

 

いろ太郎
あちゃ~

表には、URLが一面に書かれていて”怪しさ”さえ漂ってきます。

 

問題点①.分かりずらい

単なるURLの羅列で、英語ばかりになってしまい、読みずらいです。

また、沢山の情報を書いたことにより、

あなたはどんな人なのか?? 結局、何をやってるのか??が、良く分からないことに。

いろ太郎
パッと見た時に、あの人か~ と分かるのがベストです。

 

問題点②. 内容に不足がある

連絡を受けるための電話番号を書きそびれてしまいました。

 

また、裏面のQRコードは、直接ブログにアクセスできず、色んな活動の紹介サイトに飛ぶもの。

いろ太郎
ブロガーとして渡すことが多いなら、ブログを全面的に押し出さないと、受け取った人は??になる!

 

名前は、"iroiroaruyo.net"になってますが、長い英語の羅列だと読みずらいです。(;^ω^)

いろ太郎
えーっと、い、、、ろ、、いろ、、あるよ さんですか?

"いろいろあるよblog"や、あえて本名を書いても良かったなと思っています。

 

問題点③. 作り過ぎた

 

一度にたくさん印刷すると、無くなるまで時間がかかり、

デザインを変更することが出来ないのもデメリット。

 

いろ太郎
もう一度デザインし直して作ればいいじゃない~
いろ姉
作りすぎてしまったヨ。。

 

100枚から注文できましたが、安くなるので、まとめて200枚を注文してしまいました。

 

家のプリンターで数枚印刷してみる・最小ロット(100枚)で注文し、

実際に配布して問題なさそうなら追加で印刷するのが良いでしょう。

 

何のために名刺を渡すのか。

ここで、あなたは、何のために名刺を作り、渡すのでしょうか

 

それぞれのシチュエーションによって、

必要な内容も異なってきます。

 

ほとんどの人に共通する名刺を渡す理由

  • 自分を知ってもらいやすくする
  • 渡した後に見返して、連絡を受けるかもしれない。

 

名前は、匿名より実名のほうが後からも分かりやすいでしょう。

ただ、ユニークなニックネームであったり、匿名で活動していたり、

ニックネームが覚えられている (HIKAKINさんなど)ときは、匿名の方が親しみやすいことも。

 

後から見返して、この方に依頼をしよう!という事もあるかもしれません。

その際には、メールアドレス・場合によっては携帯の電話番号も書いておくと良いでしょう。

SNSのアカウントを書くと、現状の活動も分かり、連絡するハードルを下げるでしょう。

応援してくれるかもしれません。

 

また、掲載内容は、内容を2つぐらいに絞った方が良いでしょう。

 

例えば、ブロガーとして取材したときに良く渡すなら、

YouTubeなど、他の活動より、ブログを全面的に書くのがベスト。

後日、SNSで使用するために作った画像。

いろ太郎
これだと、この前のブログの人だな!と分かる!!

 

HPのQRコードを追加するとアクセスしやすいでしょう。

 

手描きという手段も

以前、中学生の方とお会いした時に、

一枚一枚 手描きで作っていた方もいました。

絵も一枚ずつ手描き。

この方は、10枚作るのに30分かかったそうで、

手間はかかりますが、圧倒的に目立つのは間違いなし。

必要な枚数が少ない場合は、選択肢の一つに入れても良いでしょう。

 

プロのイラストレーターに依頼する手も

自分でデザインするのでは無く、

色んな名刺を作っているイラストレーターに頼むのも良いでしょう。

自分の顔となるものですから、プロに頼むとより良いものが出来るでしょう。

自分が第三者として客観的に見て、修正できるのもメリット。

 

↓沢山の人が、名刺の作成などを出品しているサイト・”ココナラ” ↓

1000円~1万円で出品されていました。

まとめ(印刷する前に チェックすること)

 

名刺を作る時は、

  • 実際にどういった場面で渡すのか。
  • どういった印象を持たせるか。(目的)

を考え、

 

制作した後は、

・渡された立場として見てみる

・家族などの第三者 にチェックしてもらいましょう。

 

☆チェックポイント☆

  • ぱっと見 分かるか
  • 文字のサイズが適切か
  • 派手過ぎないか (色)
  • 必要な情報に抜け・漏れがないか

 

いろ太郎
悔いの無いよう、ベストな物を作りましょ~!!

 

↓(参考) 印刷を依頼する方法 ↓

名刺を 有名 印刷業者のラクスルに。
名刺を 印刷業者 ラクスル で作りました。 値段・早さ・入稿... 気になるアレコレ 何時届く? 

今回、当サイトの名刺をラクスルに依頼しました。 これからラスクルで印刷を頼む OR. 印刷業者を選定中という方、参考にしてください。 何故 作ったの?? ブログで取材の許可を貰うため これに尽きます! ...

続きを見る

 





  • この記事を書いた人
  • 最新記事

いろいろあるよblog

兵庫県に住んでいる、高校生ブロガーです! 好きな事は、水泳とパソコン、自転車です。 関西のことを主に書いています。 取材も始めました!!

-ブログ関係
-

Copyright© いろいろあるよblog , 2019 All Rights Reserved.