書評

経営者・就活生は是非読むべき本 "東芝解体 電機メーカーが消える日"

今回より、不定期で書評を始めようと思っています。

今回は1回目です。経営者や、就活生が是非読むべき本を紹介します。

概要

  • 題名: 東芝解体 電機メーカーが消える日
  • 著者: 大西 康之
  • 出版社: 講談社現代新書
  • 発売価格: 800円(+税)

最近、東芝・シャープを始めとした大企業である電機メーカーが危うくなっていますね。
この本は、失敗した理由を経営の面などから紹介しています。
<東芝・NEC・シャープ・ソニー・パナソニック・日立製作所・三菱電機・富士通>という8部構成です。

感想

 ①他国との差を知ることが出来る

中国や韓国で着実と進歩している”ベンチャー企業”。それと対比するように描かれるのは、先進国”Japan”の電機メーカーの危うい経営。

例えば、Huawei・Samsung製のスマホを使っている人が多いと思います。テレビは、EG。

個人輸入をした人は分かると思いますが、日本より安い価格でスペックの高いPCが売られ、選択肢も非常に豊富です。

”人件費が安いんじゃ??”ーそういう一面もありますが、半導体は日本が他国より高い技術力を誇っていました。

高スペックを売りに海外と対抗出来たのでは?-そこには日本特有の考え方も。

何故、Panasonicは松下幸之助の哲学を捨ててしまったのか。時代の変化による考え方の変化が大きいんですよね。

一度大きな差が付くと、後から追いつくことは厳しいです。 数十年続いてきた文化でも、改革をしないと手遅れになってしまいます。

②大手企業の成り立ちがわかる

順調に成長してきた大手電機メーカー。しかし、実際は...国と2つの企業の投資のおかげでここまで大きくなった事・過去に成功理由が分かります。

就活生や若者が読むことで、大まかな成り立ちが分かります。

例えば、東芝。サザエさんの広告でお馴染みですが、主力事業は原発です。

物心ついた頃から大企業しか見ていない自分は、電化製品の会社かな(⌒∇⌒)と思っていました。

③マスコミに放送されていない面がわかる

東芝やシャープ・他の企業を取り巻く本音の様なものがわかります。 マスコミは良し悪しを一つの側面だけで紹介そ、世論を形成しています。

しかし、悪だと思われた事が後から見ると善だった、逆も然りという事があるんですね。

④経営の失敗点が学べる

大企業の繁栄から衰退まで書かれています。そして何故、ライバルに負けたのか...経営陣の考え方・方針が影響を大きく及ぼします。

”過去の偉人から学べ!”といいますよね。過剰すぎる事は良くありません。

最後に

ここまで書いてきましたが、企業の成り立ちや失敗から学べることは沢山あります。違う分野でも言えるでしょう。

島国がGlobal思考を取り入れるのは、他国に負けてはいけないからなんですね。

最後までお読みいただきありがとうございました



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

いろいろあるよblog

兵庫県に住んでいる、高校生ブロガーです! 好きな事は、水泳とパソコン、自転車です。 関西のことを主に書いています。 取材も始めました!!

-書評
-

Copyright© いろいろあるよblog , 2019 All Rights Reserved.