ブログ関係

HTMLでサイトを作るメリットとデメリット

投稿日:

サイトを作る

サイトを作ろうと思った時に、どの方法で作りますか?といった話です。

HTMLサイトのメリット

  • 自由に設計可能

既成のCMSにあてはめていく訳ではないため、1から自分で作ることも可能です。

あれをこうして、という感じでレイアウトから決めていくことができます

  • 表示速度が速い

HTMLサイトは静的サイトになるため、基本的に速くなります。シンプルにすればするほど速くなりますね。

GoogleもCEOにおいて、速度を重視...以前に、ブログを見ていただいている方が、遅いとすぐに別ページに行ってしまいますからね。。

  • (1から作るため)色々な事をし易い

ホームページで動かすアニメーションなどを作ったりする場合には、JavaScript(JQualy)を使いますが、こうした言語を取り扱いやすいです。

  • バックアップを取りやすい

バックアップは取って置きやすいですよね

CMSの場合、バックアップが有料であったり、データベースとサイトファイルの両方のコピーが必要、バックアップファイルの容量が大きかったり、復元がしにくかったりします。

  • 脆弱性の心配が少ない

脆弱性への心配が少なくなります。Wordpress等のようにCMS特有のセキュリティーホール等の心配が減ります。

但し、FTPのパスワードが漏洩して、勝手に更新されたり、サーバーにDos攻撃等が来る事もあるので、変わらず注意が必要です。

デメリット

デメリットも有ります。

  • 更新が大変

更新が非常に大変です。まず、更新を入れる際に、

  • 関連項目などのバナー
  • Twitter等のSNSボタン
  • タイトル
  • メタデータ
  • 本文

と、結構大変ですよね。CMSの場合、本文を入れると、自動で大半のことを済ませてくれます。

  • 凝ることが少し大変

凝って作ろうと思った際に、CMS等の場合、プラグイン等で簡単に導入できます。

HTML等の場合は、基本的に自分で作っていくため、凝る事が大変だったりします。

但し、ネットなどで、CMSやHTMLの概形が公開されていたり、テンプレートがあったりします。

また、導入までに時間がかかってしまいます

  • 大規模な更新は大変

例えば、Yahoo!Japan。このサイトはHTML5が出た今も、HTML4で書かれています。これを最新のHTML5に変えるのは大変です。

小規模なサイトの場合、SEOに関わってくることもあるため、注意が必要です。

まとめ

こんな場合にHTMLサイトはオススメです。

  • 一度作ると殆ど更新の必要が無いサイト
  • 不定期更新のサイト
  • 色々と試したいサイト
  • ページ数がそこまで多くないサイト
  • 情報が変わらないであろうサイト

逆に、

  • 頻繁に(毎日など)更新するサイト
  • 時事的なこと(情報の鮮度が命)
  • 雑記ブログ(関連情報など、ぐちゃぐちゃになってしまう可能性大。)

は、CMSのほうが良いでしょう。

また、長年に渡って、放置しておく場合などは、更新が必要な(パッチ等)CMSより、HTMLで作ったサイトの方がいいでしょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

広告



最新の記事

-ブログ関係
-, , ,

Translate »

Copyright© iroiroaruyo ブログ , 2019 All Rights Reserved.